FC2ブログ
『ナンセンス』 それが基本!のブログです。

三沢光晴、永遠なれ・・・

「みいちゃん」ことプロレスリング・ノア社長、三沢光晴さんが永遠の眠りに就かれました。
三沢光晴

この訃報を今朝知って愕然となりました。

彼の試合を観に、大阪府立体育会館に出向いたこともありました。 そんな私の青春時代を彩り、憧れの存在であった彼が死去されて、何かポッカリと穴が開いたような感覚に陥りました。 



以前、プロレスファンは大きく二分されていました。

アントニオ猪木率いる新日本プロレス。
ジャイアント馬場率いる全日本プロレス。

ゴールデンタイムに放送されていた新日本プロレスを見て、大胆にショーアップされ、『やらせ』と揶揄されていた「プロレス」に落胆した私を、再び導いてくれた”王道”全日本プロレス。
そこに所属していた2代目タイガーマスク。 彼こそが三沢光晴さんでした。

ある試合で自らマスクを脱ぎ素顔になってから、彼の真の王者への挑戦が始まりました。

”虎ハンター” 小林邦明。
”サンダーストーム” 天龍源一郎。
”ドクター・デス” スティーブ・ウイリアムス。
”不沈艦” スタン・ハンセン。
最高のパートナーでもありライバル、”デンジャラスK” 川田利明。

そして最高のライバル。
”完全無欠のエース” ジャンボ鶴田。

彼によって三沢光晴の才能が開花したといってもいいでしょう。

幾多のライバルとの戦いを経て三冠王者になったとき、私はテレビの前で、
「良かったな~、良かったな~(泣)」と号泣したのを覚えています。



最高の受身の技術を持つと言われた彼が、しかも最高の岩石落とし(バックドロップ)の使い手・ジャンボ鶴田のそれを幾度と喰らってきた、まさにその岩石落としによって命を落とすとは・・・
余程の疲労があったのかもしれません。

しかし写真に載っていた三沢さんのリング上の顔は、苦痛の表情ではなく穏やかな表情のように見えました。 レスラーとしてリング上で息を引き取るということは幸せなことだったのかもしれません。
それにしても享年46歳は早すぎる死だったと思います。
今も何か信じられない気持ちです。
思えば思うほど込み上げてくる何かが・・・


ジャイアント馬場、ジャンボ鶴田、そして三沢光晴。

これで全日本プロレスリングを支えてきたニッポンの三大エースがこの世を去りました。
どんどんショーアップ・プロレスの流れになっている今後、おそらくもうあんなに気迫に満ち溢れたプロレスを見ることは出来ないでしょう。
こうしてプロレスは廃れ、総合格闘技の時代になってしまうのでしょう。

しかし私は三沢光晴の戦いを、リアルタイムで見ることが出来たことを誇りに思います。
大袈裟ではなく本当に誇りに思います。


三沢光晴2

三沢光晴さん。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。安らかにお眠りください。



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去の全記事表示します

全ての記事を表示する

プロフィール

マチカネ亭アリゲー太

Author:マチカネ亭アリゲー太
我が名は稲津マン!
マチカネ亭アリゲー太とは私が変身する前の姿である。
皆さんのコメントand拍手ボタンによって、サナギマンを経て変身することができるのである!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
過去に訪れて頂いた方々
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

稲津マンのtwitter
フォローもお願いしますm(_ _)m
ブログへのコメント方法
①本文下のcommentをクリックしてください。
②名前と本文を書き込んでください。
③右下のsubmitをクリックしてください。
④ありがとうございました。

・・・拍手ボタンを押していただくだけでも結構ですのでよろしくおねがいします!

相互リンク、大歓迎します!!
注目!のサイト(敬称略)
秘宝RUSHダイナマイト
注釈
①→ここでの小噺は全て創作です。 かぶっている原作があったらゴメンナサイ。
②→お店のエリアはほぼ関西圏です。御了承くださいm(__ __)m
③→『おマチカネ料亭』の評価は【低★★★★☆~高☆☆☆☆☆】です。
RSSリンクの表示