FC2ブログ
『ナンセンス』 それが基本!のブログです。

WMC① 『E.T.』

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。

前回のブログでは失礼いたしました。
書いてるうちにガンガン腹立ってきて、最終的になにを言いたいのかわからんようになっていました。

・・・でも、政策理念が「友愛」って。
漠然としすぎや!!



失礼しました。
気をとりなおして、このコーナーです。

第一回 ワーニーマイカルシネマズ のコーナー! パフパフー

最初の映画はコレ!

E.T.

『E.T.』です!


<あらすじ>
地球の探査にやって来て一人取り残された異星人と少年の絆を描き上げたSFファンタジー。
森の中に静かに降り立つ異星の船から現れる宇宙人たち。だが彼らの地球植物の調査は人間たちの追跡によって中断される。宇宙船は急いで空に舞い上がるが一人の異星人が取り残されていた。森林にほど近い郊外に住む少年エリオットは裏庭でその異星人と遭遇、彼をかくまう事にする。兄と妹を巻き込んで、ETと名付けられたその異星人との交流が始まったが、ETの存在を知っているのはエリオットたちだけではなかった・・・。
数々の困難を乗り越え、やがてE.T.は宇宙へと帰っていく・・・。




この映画はおそらく「東映まんがまつり」以外で見た最初の映画らしい映画だと思います。

確か、この映画が公開されたときは、私はまだ小学校1年か2年生ぐらいでした。
両親に連れられて、半ば強制的に、自分らが行きたかっただけやと思います。
あのころの話題の映画って今と違ってメチャクチャ並んでましたね。・・・子供やからそう感じたのかな?
それにあのころは吹き替えなんてありませんでしたから、半分以上、字幕に何が書いてあるのか解りませんでした。 ですから、内容なんてボヤッとしか解りません。
まぁ、「男の子と気持ち悪い怪獣が仲良くなったんやなぁ。」程度の感想でしたね。

たいして興味のなかったこの映画ですが、収穫といえば指先のピカピカ光るE.T.人形を買ってもらえたことですかね。 でも、正直なところ、この人形もそないに欲しかったわけでもなかったんですよね。 だって気持ち悪いですもん。 スグにどっか無くなりましたね。 あの当時は高級品やったと思いますが、いま持ってたらもっと高値がついてたと思うと、モノは大事にせなアカンことを実感します。



総評です。(低★★★★☆~☆☆☆☆☆高)
E.T. タイトル

『E.T.』
 原題  E.T. The Extra Terrestrial
 製作年 1982年
 製作国 アメリカ
 監督 スティーブン・スピルバーグ

  演出・・・★★☆☆☆
  ストーリー・・・★☆☆☆☆
  キャスト・・・★★★★☆
  ラスト・・・★★★☆☆
  総合評価・・・★★☆☆☆


俗世で汚れた大人には内容が王道SFすぎて感動もヘッタクレもないように思います。
もし、いまでもこの映画で泣けるのでしたら、あなたには妖精が見えるでしょう

しかし子供には最適な映画だと思いますよ。
友情パワーを理解させるにはいい映画かもしれません。


スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去の全記事表示します

全ての記事を表示する

プロフィール

マチカネ亭アリゲー太

Author:マチカネ亭アリゲー太
我が名は稲津マン!
マチカネ亭アリゲー太とは私が変身する前の姿である。
皆さんのコメントand拍手ボタンによって、サナギマンを経て変身することができるのである!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
過去に訪れて頂いた方々
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

稲津マンのtwitter
フォローもお願いしますm(_ _)m
ブログへのコメント方法
①本文下のcommentをクリックしてください。
②名前と本文を書き込んでください。
③右下のsubmitをクリックしてください。
④ありがとうございました。

・・・拍手ボタンを押していただくだけでも結構ですのでよろしくおねがいします!

相互リンク、大歓迎します!!
注目!のサイト(敬称略)
秘宝RUSHダイナマイト
注釈
①→ここでの小噺は全て創作です。 かぶっている原作があったらゴメンナサイ。
②→お店のエリアはほぼ関西圏です。御了承くださいm(__ __)m
③→『おマチカネ料亭』の評価は【低★★★★☆~高☆☆☆☆☆】です。
RSSリンクの表示