『ナンセンス』 それが基本!のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真説 森のくまさんthe 2nd.

ようこそのお運び厚く御礼申し上げます。


♪き~みだけをみ~てい~た こ~ぼれそ~うなよ~こがお
 は~じめて~みつけた と~きか~ら~

to be continuedの岡田浩暉ばりの歌声から始まりましたマチカネ亭アリゲー太です。

グダグダ言わんとさっさと前回のつづきをお楽しみください。



[前回のあらすじ]
  
  ある日 森の中 くまさんに出会った 
  花咲く森の道 くまさんに出会った
  
  くまさんの言うことにゃ お嬢さんお逃げなさい
  スタコラサッサッサのサ スタコラサッサッサのサ



~第2章・逃がした小鳥~

開拓が途切れた境目には、さほど大きくはない湖がある。
街に近い湖岸とその湖を挟んだ、まだ薄暗い陰が覆っている森の中に位置するそのほとりに動かない、いや小刻みに震えているのがわかる薄汚れた物体があった。

森で出会った少女である。

先刻からその場所を動こうとしない。
よほど恐ろしい目にあったのだろうか。対岸を抜ければ街の入り口は目と鼻の先であるにもかかわらず、陰を浴びたままのその暗がりに彼女はその動きを止めていた。

どのくらいの時が経ったのだろう。
背後にふいに起きた音にその塊がビクと動いた。
落ち葉に擦れる足音が次第に大きくなってくる。肩で息をしているのがわかる程の荒々しい息遣いも聞こえてくる。
可能性のある人間は2人。
人相の悪い小太りの男か。それとも、私を逃がしてくれた図体のデカい男か。
彼女は恐る恐る後ろを振り返った。

予想以上の高さにその男の顔があった。
図体のデカい男だ!

だがしかし彼女は安堵の表情を浮かべるわけでなく、それでいて他の感情をも表すわけでもなく、その振り返った頭を戻した。
そしてそのまま再び塊になった。

「まだこんなところにいたのか!」

男は大きな、その中に困惑ともとれる感情を含ませた声で言った。
だが何かを察したのか男は彼女の隣に腰を下ろし、優しく語りかけるのであった・・・

数刻前。
ベアーに進路を遮られた男は一瞬身をたじろがせた。
無理も無い。相手は2メートルを超す大男である。
だがしかし、鬼気迫っているかのような男は、構えていた斧を振り上げベアーに臆することなく立ち向かった。

「そこをどけ!どくんだ! さもないと・・・」

彼がなにをそのあと言おうとしたのかはわからない。
気が付けばベアーは初めて腰の大剣を抜いていた。男の迫力に押し負けていたのであろうか。
眼下には切られたというよりも押しつぶされたとの表現のほうがふさわしい肉塊が朽ち果てていた。

「なにがこの先で起こっているんだ!?」

引き返し少女の安否を確認しようとも思ったベアーであったが、彼の任務はこの森で起きた一連の事件の究明である。ベアーの足は森のさらに奥へと進んでいた。

「こ、これは・・・」

おそらくここがこの森の最深部であり中心部なのであろう。
確証はないが確信はあった。
そこには森を開拓するべく街を出立した一団。彼らを捜索に出た自警団。その他にもこの森を通り抜けようとしたのであろう人々の膨大な数の亡骸が捨て置かれていたのである。
この光景にはさすがのベアーも目を覆うことを拒むことはできなかった。



・・・to be continued



blogram投票ボタンPINGOO!カテゴリノンジャンル
ブログランキングに登録しています。どれでも一つ上のバナーを一押しお願いします。
またその後にコメントをいただけると、非常に嬉しく思います。
下のバナーではTwitterのフォローをお願いしています。
御清聴ありがとうございました。




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去の全記事表示します

全ての記事を表示する

プロフィール

マチカネ亭アリゲー太

Author:マチカネ亭アリゲー太
我が名は稲津マン!
マチカネ亭アリゲー太とは私が変身する前の姿である。
皆さんのコメントand拍手ボタンによって、サナギマンを経て変身することができるのである!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
過去に訪れて頂いた方々
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

稲津マンのtwitter
フォローもお願いしますm(_ _)m
ブログへのコメント方法
①本文下のcommentをクリックしてください。
②名前と本文を書き込んでください。
③右下のsubmitをクリックしてください。
④ありがとうございました。

・・・拍手ボタンを押していただくだけでも結構ですのでよろしくおねがいします!

相互リンク、大歓迎します!!
注目!のサイト(敬称略)
秘宝RUSHダイナマイト
注釈
①→ここでの小噺は全て創作です。 かぶっている原作があったらゴメンナサイ。
②→お店のエリアはほぼ関西圏です。御了承くださいm(__ __)m
③→『おマチカネ料亭』の評価は【低★★★★☆~高☆☆☆☆☆】です。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。