FC2ブログ
『ナンセンス』 それが基本!のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カエルの子はカエル、いやオタマジャクシ

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


やっと新しく購入したノートパソコンが届きました。
気持ちが昂っています。さながら東京スカイツリーから初のラジオ放送を行ったジョン・カビラ氏の気分です。
博多華丸さんのカビラ慈英のものまねが好きなマチカネ亭アリゲー太です。

本日、国会議員の小沢一郎氏に無罪判決が出ました。
前々より彼の政策理念は他の能力の無い国会議員が発言している政策よりも理にかなっていると思っているのですが、マスコミが一斉に彼を悪者に仕立て上げた報道をするので、もっと小沢擁護の報道もあっていいのではないかとも思ってしまいます。

ただ無罪は「無罪」であって「無実」ではありませんが・・・

『疑わしきは罰せず』ですね。



さて、ここ最近の長男はマンガをよく読みます。
私自身、小説よりもマンガを読んで育ちました。
特に横山光輝先生の「三国志」や「水滸伝」、「織田信長」「武田信玄」「徳川家康」etc.の歴史物には非常にお世話になりました。
ですから私はマンガ推進派なので、息子がマンガを読むことには全く反対していません。
ルビが振ってあるので漢字の勉強にもなりますし。

ただ近年は、マンガに限らず数多くの出版物に掲載される性的な露出が過剰でありすぎる、と親目線になってみるとしみじみ思います。

私達の時代は女性の下着が少し見えているだけで性的興奮を覚えたものです。
今でも私の心の奥深くに潜む【チラリズム】の美学です。
ポリリズムなんてどこ吹く風です。

それが今じゃあ全部見えてしもうてるやん!

見えてても性的興奮はしますよ。(どないやねん!)

ただそれが誰でも、どんな小さな子供でも手にすることが容易になってしまっていることが私は不快で仕方がないのです。
初めてのエロ本を購入するときの緊張感。
本屋でHなコーナーに滞在しているときの幸福感と罪悪感。

そんな気持ちの葛藤を現在の子供達は味わうこともなく、氾濫している歪んだ性表現を鵜呑みにして育ってしまうことに一抹の不安を覚えます。
それが我が息子のこととなるとなおさらです。

・・・長男は最近「週刊少年ジャンプ」を読むようになりました。
アラフォーにもなってそんな雑誌を購入している私も私ですが、ついつい毎週月曜日になると「ビッグコミックスピリッツ」と共にコンビニのレジに差し出してしまいます。
そんな“少年”と銘打っているマンガ雑誌にでも、少し性的表現が過剰なマンガもあるのです。
ここ最近では『To LOVEる』 昔は『電影少女』や『バスタード』なんていうマンガがありました。

現在のジャンプにもそこそこのエスカレートしそうなマンガがありまして、親としての不安を感じています。

今のコンビニなんかは誰でも見えるところに結構な数の成人向け雑誌が置いてあります。
誰でも手にすることができるようなところに置いてあります。
たまに私なんかは手に取って見ておりますが(見るんかい!)、恥ずかしさを全く見せず(恥らえ、恥らえ!)、ですがもう少し配慮が必要ではないかとここ最近思う次第であります。

そういえば少し前のことですが、長男とコンビニに一緒に行ったときに彼を見失い探していたときのこと。
まさに話題の成人向け雑誌のコーナーの前で挙動不審な彼の姿を発見しました。
己の背に私の気配を感じたのか、彼は何事もないかのようにスッと位置を変え、まるで最初からアイスクリームの棚の中を見ていたかのように振舞いました。

まあ確実に彼がその雑誌を手に取って見ていたわけではありませんので私もその場はニヤニヤしながらですが、見逃してやりました。
まさに『疑わしきは罰せず』を実践したかのように。

私の息子ですから性に貪欲なのは見逃しますが(どういうことやねん!)、ただ歪んだ考えだけは持たないように育っていただきたいと切に願っております。




blogram投票ボタンPINGOO!カテゴリノンジャンル
ブログランキングに登録しています。どれでも一つ上のバナーを一押しお願いします。
またその後にコメントをいただけると、非常に嬉しく思います。
下のバナーではTwitterのフォローをお願いしています。
御清聴ありがとうございました。




スポンサーサイト
コメント
No title
普通だったのに周りの大人が原因で歪んでしまうのだけは避けたいね。
まあ多少のゆがみはしゃーないでしょう。
それもありげー太さんと同様、息子さんの「味」となるので
成人向けコーナーでの挙動不審くらいはぜんぜんありやと思います。
5歳のおいっこ、一緒にお風呂入ったら突然胸をさわってきて、えへへ・・・って、男性の本能やな~って思ったわ。
2012/04/27(金) 13:38 | URL | あっちょん #-[ コメントの編集]
>あっちょんさん
むむっ!それこそまさに男性の本能ゆえの性癖なり!
これがかの有名『癖(へき)は本能寺にあり』の名言に繋がるのでござるな!
2012/04/27(金) 22:32 | URL | マチカネ亭アリゲー太 #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去の全記事表示します

全ての記事を表示する

プロフィール

マチカネ亭アリゲー太

Author:マチカネ亭アリゲー太
我が名は稲津マン!
マチカネ亭アリゲー太とは私が変身する前の姿である。
皆さんのコメントand拍手ボタンによって、サナギマンを経て変身することができるのである!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
過去に訪れて頂いた方々
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

稲津マンのtwitter
フォローもお願いしますm(_ _)m
ブログへのコメント方法
①本文下のcommentをクリックしてください。
②名前と本文を書き込んでください。
③右下のsubmitをクリックしてください。
④ありがとうございました。

・・・拍手ボタンを押していただくだけでも結構ですのでよろしくおねがいします!

相互リンク、大歓迎します!!
注目!のサイト(敬称略)
秘宝RUSHダイナマイト
注釈
①→ここでの小噺は全て創作です。 かぶっている原作があったらゴメンナサイ。
②→お店のエリアはほぼ関西圏です。御了承くださいm(__ __)m
③→『おマチカネ料亭』の評価は【低★★★★☆~高☆☆☆☆☆】です。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。