『ナンセンス』 それが基本!のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲバラよりもエバラの黄金の味を待っている

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


先日、私の数少ない友人の一人に『「こんにちワン」は「犬」って言ってないから認めない』の記事に「感動した」というメールを送っていただき、これからも皆様方を感動と切なさと心強さを与えられるブログを書き続けていきたいと強く思いました。・・・嘘です。マチカネ亭アリゲー太です。

さて今年はfacebookやtwitterなどのSNSが広く普及したせいか、世界の独裁国家が次々と崩壊していくという革命の年でもありました。
一説には、中日ドラゴンズの落合監督の独裁政権崩壊という方々もおられるそうですが・・・


リビアではカダフィ、エジプトではムバラクなど次々と市民革命とも評される騒乱が起きました。

同じ国内の同胞が血で血を洗う戦いを繰り返すという非常なる闘いは、その国において虐げられてきた人々の必死さを感じます。
平穏な暮らしに慣れ、怠惰な国政を見過ごしてきた我々日本人も内戦とまではいかずとも、その心意気を見習うべきであると認識させられました。

まあ某朝鮮の某ジョンイルが亡くなったのはこれとは全く別の話なのですが。
(独裁継続するやろうし、9割嘘泣きやし・・・)


そして遂に我が家でもそんな革命が勃発したのです。


ことの起りは我が息子より始まりました。

仕事から帰宅した私の眼下にあったのは、7時台であるにもかかわらず早くも敷かれた布団に青白い顔色をして横たわっていた息子の姿。
いったい何事かと嫁に尋ねると、どうやら幼稚園で蔓延しているノロウイルスにやられたかもしれないとのこと。
一定の間隔で「お腹が痛い」と叫び、トイレに駆け込む息子。
そのたびにやつれゆく表情で布団に戻っていく息子。

これは感染ってはいけないと気を引き締め、室内で慎重に行動することを心がけました。

すると翌日・・・
今度は嫁が発症。
嫁に至っては妊婦ということもあり、自然治癒を待つのも少し心配だということで病院へ。
しかしあいにくの土曜午後ということで、市民病院の救急外来へ行くことに。
2時間待たされ、診療は5分程度。 しかも薬を処方されるのに30分弱の時間を要し、内心穏やかならずに帰宅。

これは感染ってはいけないと再び気を引き締め、更に室内で慎重に行動することを心がけました。

2人が快方に向かった翌々日、12月お誕生会に身重の嫁の代わりに出席。
知っているママ友が一人もいない幼稚園は完全なるアウェー。
孤独にうちひしがれる中、ふと脳裏をよぎったフレーズ。

「幼稚園でノロウイルスが蔓延していた」

眼前には全園児の姿。
しかしそんな不安ははしゃぐ子供たちの笑顔により自然と消えていったのでした。

そして我が身の異変に気付いたのは、アウェーを切り抜け、昼食でもと出かけた飲食店『かごの屋』さんの店内だったのです。
目眩と寒気を感じながら、「かごの屋御膳980円」をたいらげるとすぐさま、先程までとは段違いの寒気が私の体に襲い掛かってきたのです。
ダイヤモンドダスト・・・いや、オーロラエクスキュージョンを受けてしまったかのような悪寒と類稀なる腹痛。

そう。
ついに私の体内にも革命が起きたのだと実感したのです!
かの有名な「腸内革命」が!

ノロウイルスという革命軍に、免疫細胞という王国軍。
下痢という名の血を流し、悪寒という名の砂煙を上げながら双方の激戦は2日に渡り繰り広げられました。

齢30歳後半にしてまだ国家崩壊するわけにはいかないという強い精神力により、昨今のような反乱軍の勝利とはいかず、我が屈強なる体内王国軍の勝利に我が家が沸いたのは言うまでもありません。




しかし、反乱もしくは革命といった争いごとの後にはその国家の成長というものがあってこそ、真の勝利と呼べるのだと私は思います。
リビアやエジプトなどの今後の成長ぶりに期待したいものです。


ちなみに現在、私の体は“整腸”中です。





blogram投票ボタンPINGOO!カテゴリノンジャンル
ブログランキングに登録しています。どれでも一つ上のバナーを一押しお願いします。
またその後にコメントをいただけると、非常に嬉しく思います。
下のバナーではTwitterのフォローをお願いしています。
御清聴ありがとうございました。



スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
06 ≪│2018/07│≫ 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去の全記事表示します

全ての記事を表示する

プロフィール

マチカネ亭アリゲー太

Author:マチカネ亭アリゲー太
我が名は稲津マン!
マチカネ亭アリゲー太とは私が変身する前の姿である。
皆さんのコメントand拍手ボタンによって、サナギマンを経て変身することができるのである!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
過去に訪れて頂いた方々
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

稲津マンのtwitter
フォローもお願いしますm(_ _)m
ブログへのコメント方法
①本文下のcommentをクリックしてください。
②名前と本文を書き込んでください。
③右下のsubmitをクリックしてください。
④ありがとうございました。

・・・拍手ボタンを押していただくだけでも結構ですのでよろしくおねがいします!

相互リンク、大歓迎します!!
注目!のサイト(敬称略)
秘宝RUSHダイナマイト
注釈
①→ここでの小噺は全て創作です。 かぶっている原作があったらゴメンナサイ。
②→お店のエリアはほぼ関西圏です。御了承くださいm(__ __)m
③→『おマチカネ料亭』の評価は【低★★★★☆~高☆☆☆☆☆】です。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。