FC2ブログ
『ナンセンス』 それが基本!のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年7月の思いつきで気になった歌

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


ジャパニーズラップミュージックにも多種多様のミュージシャンが参戦しておりますが
私が現在最も好んで聞いているのが『ケツメイシ』です。
ダミ声、聞き取りづらい、鬱陶しいぐらい韻を意識しすぎているのは大嫌いなマチカネ亭アリゲー太です。

よくラップでは、リズミカルに強弱をつけ同じ音を繰り返すことを「韻を踏む」と言いますが、これを過剰に意識しすぎて踏みすぎている方々もおられます。
踏まなすぎるのもアレですが、踏みすぎると非常に鬱陶しい音楽になってしまいます。

場の空気が読めていないオッサンのダジャレのように・・・


ですが、ラップというのはこの言葉遊びの能力がそのまま歌の良さとなって表れる、まるで漫才のような面白さを秘めているミュージックなのです。

そういった点で非常に秀逸だと思うグループが『ケツメイシ』だと思っているわけですが、そこへ至るまでには様々なグループの音楽を聞いてきました。


“日本語でのラップ”という位置を確立したのはなんといっても『スチャダラパー』でしょう。

高校生になった頃(だったと思います)にふらりと立ち寄った近所のレコ屋で、何気なく目をやったその先にあったのが、それまで名前を聞いたこともなかったスチャダラパーの2ndアルバム「タワーリングナンセンス」でした。
ラップなんて興味が全くなかった私に、彼らはオモロ・ラップという新ジャンルを与えてくれたのです。

彼らをきっかけに、英語も全く理解できない私が『RUN-D-MC』『デ ラ ソウル』などといった海外ヒップホップにまで傾倒していきました。
もちろん私のメインミュージシャンはなんといっても『CHAGE&ASKA』でしたが、同学年の友達が聞いている『BOOWY』など、いわゆるロックというジャンルには全く興味を示しませんでした。
ですから音楽の話ではイマイチ盛り上がりにかける学生時代だったように思えます。

そのスチャダラパーがヒップホップグループ・クランである「リトル・バード・ネイション」 (LB) を結成。
その中に『Tokyo No.1 Soul Set』というグループが参戦しておりました。

『脱線3』『キミドリ』なんかのCDも買ったりしましたが、この『Tokyo No.1 Soul Set』はキラリと輝く何かを私の耳に与えてくれたのです。

川辺ヒロシさんの朗読のようなラップと、渡辺俊美さんの超越したメロディーライン。
現在の『ケツメイシ』に繋がる素晴らしい構成のグループでした。

・・・でしたというのは語弊があるかもしれませんが、彼らも最近結成20周年を迎えていたことをひょんなことで知り、ネット検索をかけてみたところ、
な・な・なんと!
ベストアルバムが発売されているじゃあありませんか!
来月には『岡村靖幸』を購入しなければならない私のお財布事情を考えず、ついついお買い上げ
してしまいました。



今回はそんな私の理性をふっとばしてしまった『Tokyo No.1 Soul Set』から一曲お届けしようと思います。
いまの季節にぴったりな、小倉智昭さん風に言うと「御機嫌なサウンド」です。


『黄昏’95/Tokyo No.1 Soul Set』です。






他にも「ロマンティック伝説」や「JIVE MY REVOLVER」、「27 to 28」「夜明け前」などの多くの名曲がありますが、PVが少ないもので季節感ピッタリのこの曲をお届けしました。

まあ、スチャダラもTokyo No.1 Soul Setもほとんど“韻を踏む”ことを意識していませんが
私が言いたいのは「~すぎる」行為や言動は大嫌いということでした。
(「~すぎる」に関する記事はコチラをどうぞ)

面白味にかけるブログですいませんでした!




blogram投票ボタンPINGOO!カテゴリノンジャンル
ブログランキングに登録しています。どれでも一つ上のバナーを一押しお願いします。
またその後にコメントをいただけると、非常に嬉しく思います。
下のバナーではTwitterのフォローをお願いしています。
御清聴ありがとうございました。



スポンサーサイト
コメント
ほんまやっ
今回めちゃめちゃ、普通のブログやん。面白味にかけてすみませんって謝らなくても普通のブログなんやろうけど、でも普通やんとは思ったわ(笑)。先日行ったBOOKOFFで夏の思い出がかかっていて
耳に残って、YOUTUBEで何度も聴きました。

2011/08/01(月) 08:04 | URL | あっちょん♪ #-[ コメントの編集]
>あっちょんさん
普通でええねん!
とは思っているのですが、なにかオチが無いと釈然としない関西人の気質に日々苛まされています。

「夏の思い出」を聞くと、心の中が夕焼けに包まれます。
2011/08/01(月) 21:37 | URL | マチカネ亭アリゲー太 #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去の全記事表示します

全ての記事を表示する

プロフィール

マチカネ亭アリゲー太

Author:マチカネ亭アリゲー太
我が名は稲津マン!
マチカネ亭アリゲー太とは私が変身する前の姿である。
皆さんのコメントand拍手ボタンによって、サナギマンを経て変身することができるのである!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
過去に訪れて頂いた方々
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

稲津マンのtwitter
フォローもお願いしますm(_ _)m
ブログへのコメント方法
①本文下のcommentをクリックしてください。
②名前と本文を書き込んでください。
③右下のsubmitをクリックしてください。
④ありがとうございました。

・・・拍手ボタンを押していただくだけでも結構ですのでよろしくおねがいします!

相互リンク、大歓迎します!!
注目!のサイト(敬称略)
秘宝RUSHダイナマイト
注釈
①→ここでの小噺は全て創作です。 かぶっている原作があったらゴメンナサイ。
②→お店のエリアはほぼ関西圏です。御了承くださいm(__ __)m
③→『おマチカネ料亭』の評価は【低★★★★☆~高☆☆☆☆☆】です。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。