FC2ブログ
『ナンセンス』 それが基本!のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怖い話・『最速列車』

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


国レベルで考えると、反中国思想のマチカネ亭アリゲー太です。

いきなりの爆弾発言失礼しました。
個人レベルならば中国にも素敵な方々は多く存在していると思いますし、中華料理は大好きです。
しかし私は中国という国の考え方、有り様がどうも好きにはなれません。

まあそんな国の圧力に屈する我が国・日本の政治家にも大いなる絶望感を持ってはいますが・・・

しかし私は日本人であることに非常に誇りを持って生きています。
日本国民が一つになれば、どんな困難も乗り越えていけるであろうと思っています。



さて夏の風物詩の一つに、「怖い話」というものが挙げられます。
毎年この季節になると、ひげを生やしたオッサンが荒稼ぎをしている姿を眼にします。
6割方、何を言ってるの聞き取れないオッサンが。

そこで今回は私も一つ「怖い話」を皆様にお届けせていただきます。
トイレは先に済ませておいたほうがいいですよ・・・




・・・あれは忘れもしない、2011年7月23日の出来事であった。

昨晩は仕事帰りに仲のいい友人達といつもの居酒屋でくだらない話で盛り上がっていた。
その話の席で友人の一人がこんな話をした。

「全世界で最も速い鉄道はどこの国のものか知ってるか?」

私は真っ先に日本の新幹線が頭に浮かんだ。
安全性はなんといってもトップであろうし、車両速度も年々速さを増してきていると聞いていたからである。
他にもドイツや欧州の列車技術はハイレベルにあるだろうと思っていた。
しかし彼の口をついて出てきた国名は私が考えもしない国であった。

「それは・・・俺達がいつも乗っている、この中国高速鉄道こそが、世界中で最も速い鉄道なんだぜ!」

我が国の鉄道が最速?
そんな馬鹿な話は無い。

そのときは友人の酔いも回っていたこともあり、話半分で聞き流していた。

あくる日。
仕事を終えた私は単身赴任先の社宅で荷物をまとめ、
『最先端の技術』そして『万全の安全性』をうたい文句にしている、我が国が誇る高速鉄道に乗り私は愛する妻と息子が待つ家路へと急いでいた。
瞼を閉じると、穏やかな顔をした妻と愛らしい息子の顔が手の届きそうな距離に浮かんできた。
到着まではまだ2時間弱もある。
仕事で疲れていた私は嫁と息子に見守られたまま眠りに落ちた。

真偽のほどはわからないが、そのすぐ後に天候が急転し激しい雷雨になったそうである。

私が眠りから覚めたのは激しい振動と全身に拡がる鈍い痛みによるものであった。

・・・? どういうことだろう?

私の眼前には、列車が高架より落下している無残な光景が広がっていた。
宙吊りになった列車の窓の内側は暗く、よどんだ赤のステンドグラスのように見える。
地面に叩きつけられた列車の周りには、蟻のように小さく這いずりまわるものが見える。

・・・人?
・・・人である!

小さく、そして蟻のように見えた生物は、まさに人間であった。

そしてどこか見覚えのある列車の姿は、いままさに私が乗車していた『最先端の技術』『万全の安全性』をうたい、我ら国民がそれを信じて疑わなかった高速鉄道・・・そのものではないか!

その地獄絵図ともいえる光景を私は俯瞰の位置で捉えている。

私は死んでしまったのだろうか。
積み重なる死体の山の中に自分自身を見つけることはできないが、そうであると確信するのに、そう時間はかからなかった。

突如、眼前がホワイトアウトした刹那、地面に叩きつけられ無残な姿をさらしていた列車の上には大量の土が被せられていた。
高架上に残されていた列車は撤去され、その高架の上を『最先端の技術』『万全の安全性』がうたい文句の我が国が誇る高速鉄道が走り抜けていった。

・・・速い。

・・・薄れ行く意識の中で、ふと、得意げに語っていた友人の言葉を思い出した。


「俺達がいつも乗っている高速鉄道が、世界中で最も速い鉄道なんだぜ!」



確かに・・・
我が国が誇る高速鉄道は、“あの世へ旅立つのに”世界中で最も速い鉄道なのかもしれない・・・








blogram投票ボタンPINGOO!カテゴリノンジャンル
ブログランキングに登録しています。どれでも一つ上のバナーを一押しお願いします。
またその後にコメントをいただけると、非常に嬉しく思います。
下のバナーではTwitterのフォローをお願いしています。
御清聴ありがとうございました。



スポンサーサイト
コメント
何だろう? 読み終えたこの感じ。
「おぉ~、上手い!」 かな。
筒井康隆の短編を読んだあとの感覚に似てました。

ちょっと褒めすぎかな(笑)
2011/07/26(火) 17:16 | URL | 料理人 #-[ コメントの編集]
>料理人さん
ハイ、褒め過ぎ~!

筒井康隆というよりも筒井道隆主演による「あすなろ白書」に出てきた柳葉敏郎の元付き人やった・・・名前はど忘れしたけれど、その人の感じぐらいでちょうどええんとちゃう?
ちょっと卑下しすぎかな(笑)

そういえば私は「あすなろ白書」一回もみたことないわ。
2011/07/27(水) 01:06 | URL | マチカネ亭アリゲー太 #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去の全記事表示します

全ての記事を表示する

プロフィール

マチカネ亭アリゲー太

Author:マチカネ亭アリゲー太
我が名は稲津マン!
マチカネ亭アリゲー太とは私が変身する前の姿である。
皆さんのコメントand拍手ボタンによって、サナギマンを経て変身することができるのである!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
過去に訪れて頂いた方々
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

稲津マンのtwitter
フォローもお願いしますm(_ _)m
ブログへのコメント方法
①本文下のcommentをクリックしてください。
②名前と本文を書き込んでください。
③右下のsubmitをクリックしてください。
④ありがとうございました。

・・・拍手ボタンを押していただくだけでも結構ですのでよろしくおねがいします!

相互リンク、大歓迎します!!
注目!のサイト(敬称略)
秘宝RUSHダイナマイト
注釈
①→ここでの小噺は全て創作です。 かぶっている原作があったらゴメンナサイ。
②→お店のエリアはほぼ関西圏です。御了承くださいm(__ __)m
③→『おマチカネ料亭』の評価は【低★★★★☆~高☆☆☆☆☆】です。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。