FC2ブログ
『ナンセンス』 それが基本!のブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

失われた侍の魂は我が背中に宿る

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


髪を切りましてブロッコリーみたいになってしまいました、マチカネ亭アリゲー太です。

先週行われました同窓会、大変たのしゅうございました。
ホームページから投稿された写真一覧を見させていただきました。

俺、太ったなあ~

第一声でした。
しかも目つぶってる写真がありました。
ものすごく嫌です。
なんか自分が可愛そうになりました。


さて前回は『塩タンの特別扱い』について私的見解を述べさせていただきましたが、今回もとある『特別扱い』について語らせていただこうと思います。

近年、男女平等が叫ばれていますが、ここ最近では明らかに「女性優遇措置」の多さが目立ちます。

デパートや飲食店での優遇制度、そしてトイレの内装のどエライ格差。
男やって綺麗なトイレで用足したいわ!
細かいところでは婚活業者などでの男女の申し込み料の違いとか、パチンコ屋のレディースデーやら。


そんな中で私が一番物申したいのが、『電車内での女性専用車両』についてのことです。

確かに痴漢という行為は最低な行為だと私は思います。
しかしちょっと女性の方も自意識過剰過ぎやしませんか?

過去に私が満員電車に乗っていまして、つり革を持つ場所も無く手を体の横に置いて直立不動の体制でいたところ電車が大きく揺れて不可抗力ながら体ごと私の手の甲が隣にいた女性のお尻に当たったことがありました。
こちらは全く悪いことをしたとは思っていませんが、重かったかな?と思い「スイマセンでした」と一言謝ったときのその女性の顔。

本当に汚いものを見るような目でこちらを一瞥したのです。

アホか!!ボケ!! お前のケツなんか誰が好き好んで触るか!!
お前で「猥褻」の前科付くぐらいやったらそのブサイクな顔をさらにボコボコにして「暴行」で捕まったるわ!!


そんな思いを胸に秘め、家路に寂しく帰ったこともありました。


そこにきてこの「女性専用車両」の登場です。

朝も忙しいラッシュのときに、この車両、階段上がってすぐの一番ええとこに陣取ってやがります。
私自身は電車通勤ではないのでラッシュ時の殿方たちの気持ちはわかりませんが、さぞ不便・不愉快な思いをされてることでしょう。

以前、まだこの専用車両が一般的に知られていなかったとき、私は大阪・梅田に用事がありましたもので地下鉄に乗って梅田に向かいました。
駅に着くと上階にあるホームでは電車が到着した様子。
慌ててエスカレーターを走って駆け上がり、その一番近い扉へ駆け込みました。
夏の暑い時期でした。
私の見当違いのプライドです。日頃運動不足の私は肩で息をしそうになるのを必死でこらえ、さも平然と、疲れている感を全く顔に出さずに扉の横のバーにもたれかかっていました。
だってかっこ悪いでしょ?あの肩が大きく上下して鼻からフーフー呼吸音が聞こえるのって。
しかし背中や額には大量の大粒の汗が。 我慢バレバレです。
しかし動じず。
流れるような手さばきで額の汗を拭き取ります。
クーラーからの風を上手く背中にあて、乾かします。
乗車した駅から梅田駅まではおよそ6~7区間。
このまま立ったままで行こうと決心し、その場固定。
しかしここで車内の空気がなにか違うような感じを直感的に感じ取ります。
くるりと軽く車内を見渡すと、両隣の車両に比べ若干空いているように思えたのです。
しかしその時はそれぐらいの印象しか無かったのです。こちらは汗を乾かすのに必死でしたから。
汗も順調に乾いたその頃、新大阪駅で時間調整の為、少し長めの停車。
ふと目をホームにやると、いま乗っている扉の目前の地面に“女性専用車両”のピンクの文字。
・・・?
「じょせ・・いせんよ・・うしゃりょ・・う?」
初めて目の当たりにしたその文字に言葉を覚えたての子供のようにしどろもどろ。
!!
「女性専用車両!!?
そうかあの時感じた違和感は人数よりも車内に女性しかいなかったということか!」
飛び降りるべきか? 
でもなあ、ここで降りたあとすぐにこの車両からおねえちゃん達の大きな笑い声が聞こえたら恥ずかしいし、なんか悔しいし。
ブラマヨ吉田さんのネタのときのような場違いのプライドが顔を覗かせました。
扉は閉まりました。
もう気持ちは固まりました。
「梅田までこの女性専用車両に乗り続けたる!」
なんと男らしい、いや“漢”らしい決断でしょう。
しかしいままで感じなかった鋭く冷たい視線が一気に私の背中に突き刺さるのを感じます。
残る駅はあと3駅。
耐えろ! 耐えるんだ、ジョー!
そんな独眼のオヤジの声が幻聴のように聞こえる。
時間にするとわずか7~8分の距離も16分ぐらいの微妙に長く感じたこの3区間でした。
ついに目的地である梅田駅に着いたのです。
が、私がいる扉の逆側が降車扉。後ろを振り向かねばならない。
しかも降りる人間もいれば当然乗ってくる人間がいるもので、ガラス越しには多くの女性達がこちらを向いている。
そんなわずか数十センチの車内通路を、しかし私は堂々と晴れやかな表情で歩き、颯爽と電車をあとにしたのだった。

このときの私の後姿を見ていた男性がいたのなら後世にこう伝えたかもしれない。

女性優遇のこの世の中にあって、あのとき見た男性の後姿はまるで侍のようだった!
背中と額と、更には脇にもおかしな汗をかいていたが・・・
 と。



blogram投票ボタンPINGOO!カテゴリノンジャンル
ブログランキングに登録しています。どれでも一つ上のバナーを一押しお願いします。
またその後にコメントをいただけると、非常に嬉しく思います。
下のバナーではTwitterのフォローをお願いしています。
御清聴ありがとうございました。



スポンサーサイト
コメント
No title
同窓会の写真、同感~!!撮ってくれたのはほんとすごい嬉しいけれど私もあの写り具合な~んか嫌だ・・・。
アリゲー太さん、実際より太って写っているよ。実際の方が断然GOODです♪ちなみにNさんも(おほほ・・・)

痴漢をする一部の男性のために良識ある男性が被害をこうむるのと同様、自意識過剰に反応する女性はほんの一部だと思うけどな~。

男性と女性の格差でいえば、所得に差があったり、食べる量が少なかったりして安かったりとかするんだろうけれど、男女に明らかに差があったのは一昔前の話で、時代にそぐわない感じはするね。今の世の中、非正規雇用の男性も増えているし、私の周りもそうだけれど、男の人ってゆうより女友達のようにケーキ食べに行ったり、ケーキ食べつつ何時間でもたわいもないことを話できる草食系な男子が増殖中だから。私は男性よりよく食べるし。

男性が女性化して、女性が男性化する時代が来たら、男性専用車両ができるかもしれないよ~
2011/05/08(日) 09:05 | URL | あっちょん #-[ コメントの編集]
>あっちょんさん
もうNさんとか言うのやめて~!
めっちゃ嫁に誤解されて、怒られてるから~!

でも男性専用車両に乗る気は全く起こらへんなあ。
むさ苦しい・・・
2011/05/08(日) 20:56 | URL | マチカネ亭アリゲー太 #-[ コメントの編集]
No title
Nさん…思い出しましたよ
通りでうれしそうに談笑されていたわけですな(笑)
どんどん誤解されてしまえ~
2011/05/10(火) 22:07 | URL | すすきの支部 #qbIq4rIg[ コメントの編集]
>すすきの支部さん
やめてくれ~!!
もう大変やねんから!!

ちなみにお詫びとしてお花を贈りました(笑)
2011/05/11(水) 09:55 | URL | マチカネ亭アリゲー太 #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
11 ≪│2018/12│≫ 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去の全記事表示します

全ての記事を表示する

プロフィール

マチカネ亭アリゲー太

Author:マチカネ亭アリゲー太
我が名は稲津マン!
マチカネ亭アリゲー太とは私が変身する前の姿である。
皆さんのコメントand拍手ボタンによって、サナギマンを経て変身することができるのである!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
過去に訪れて頂いた方々
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

稲津マンのtwitter
フォローもお願いしますm(_ _)m
ブログへのコメント方法
①本文下のcommentをクリックしてください。
②名前と本文を書き込んでください。
③右下のsubmitをクリックしてください。
④ありがとうございました。

・・・拍手ボタンを押していただくだけでも結構ですのでよろしくおねがいします!

相互リンク、大歓迎します!!
注目!のサイト(敬称略)
秘宝RUSHダイナマイト
注釈
①→ここでの小噺は全て創作です。 かぶっている原作があったらゴメンナサイ。
②→お店のエリアはほぼ関西圏です。御了承くださいm(__ __)m
③→『おマチカネ料亭』の評価は【低★★★★☆~高☆☆☆☆☆】です。
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。