FC2ブログ
『ナンセンス』 それが基本!のブログです。

WMC③ 『しんぼる』

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


昨日、映画館へ足を運びました。

館内の客は、我々オッサン二人ともう一組。
計5人での、ほぼ貸切状態での上映開始となりました。

映画料金1800円は高いんですかね。 いまや1年ぐらい待てばレンタルで借りれますしね。
それともいまから見ようとしている映画内容が面白くないのか・・・

しかし、広い館内に5人って!!

こういうとき、多少気まずい空気が流れるのはなぜなんでしょうかね・・・



そんなこんなで、久方ぶりのこのコーナー。

第3回 ワーニーマイカルシネマズ

ご紹介するのは・・・

しんぼる1

『しんぼる』です。



<あらすじ>
メキシコのとある町。妻子と父と暮らすプロレスラー“エスカルゴマン”は、いつもと変わらぬ朝を迎えていた。しかしその日、妻は彼の様子がいつもとは違うことを感じていた。それは今日の対戦相手が、若くて過激なレスラーだということだけでなく、何かが起こりそうな妙な胸騒ぎを感じていたからだった。
一方、奇妙な水玉のパジャマを着た男(松本人志)は、目を覚ますと四方を白い壁に囲まれた部屋に閉じ込められていた。ここがどこなのか、どうして連れてこられたのか…。見当もつかないまま、とりあえず出口を探し始めた彼は、壁に“あるもの”を見つけ・・・




いわずと知れた、ダウンタウン・松本人志監督の2作目の映画です。

1作目の『大日本人』も、映画館で見ましたがそれはまたの機会に・・・


個人的な感想としては、1時間半の大掛かりなコントとしてみれば、わかりやすいベタの王道コントとしての出来栄えに満足!?といったところですが、映画としてみると宗教的な観念の少ない日本人にウケる映画では無いと思いました。

確かに外人からの視点としたら、「Oh!ファンタスティック!!」の評価を受けるかも知れませんが、日本人にはその人間の捉え方、つまり映画として見るか、コントとして見るか。 松ちゃんの実験的な笑いとして見るか、メッセージ性のあるストーリードラマとして見るか。などによって、評価はガラリと変わってしまう作品だと感じました。

「オモロいの?オモロくないの?」と聞かれたら、「1800円は高いなあ。」と答えるしかありません。


笑いの基本はベタの中にあり、そして世界は一つで繋がっている(?)ことを再認識させられた作品でした。





総評です。
 しんぼる2


『しんぼる』
 製作年 2009年
 制作国 日本
 監督 松本人志
 主演 松本人志

  演出・・・★★☆☆☆(3)
  ストーリー・・・★★★☆☆(2)
  キャスト・・・★★★★☆(1)
  ラスト・オチ・・・★★★★☆(1)
  総合評価・・・★★★☆☆(2)


いままでのコントや『大日本人』でもそうでしたが松本さんの特徴としては、前半から中盤にかけてのいい意味での無駄な“間”、そして長すぎるほどの“前フリ”を経て、後半での怒涛の大オチのラッシュをかけることで生み出される爆発的な笑い。

この作品もその流れに沿ってはいたのですが、決してめんどくさくなったわけではないでしょうが、オチラッシュの部分のやっつけ感が否めませんでした。

松本さんの笑いのセンスが大好きなだけに、今回はザンネンな気持ちで映画館を後にしたことをお伝えして、お開きとさせていただきます。



家で、ビデオで、ポテチ食べながら見ると、コントとしてはお子様にもわかりやすい笑いとなっております。 お子様のお笑い~修行編~としては最適かと思います。




スポンサーサイト



コメント
5人てっ!! どこの映画館!?

そら気まずいわ(笑)

ぼくは観ておいたほうがいいのかなあ~・・・。

修行中やからなあ~(笑)
2009/10/01(木) 17:18 | URL | 長興寺南 #-[ コメントの編集]
>長興寺南さん

それは箕面の109シネマズですね。
I-MAXまで導入してる映画館なんですがねえ・・・

私は、「1800円は高いなあ。」と答えるしかありません。
2009/10/01(木) 21:28 | URL | アリゲー太 #-[ コメントの編集]
こんばんは
ちょっと苦戦してるイメージですね
釜山の国際映画祭で上映されるみたいですが、海外での評価はどうでしょうか
2009/10/07(水) 20:50 | URL | ぱる #s8kTdXTU[ コメントの編集]
こんばんは too
>ぱるさん

コントを作る能力と映画を作る能力とは異次元のものなのでしょうかね・・・?
2009/10/08(木) 21:36 | URL | アリゲー太 #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去の全記事表示します

全ての記事を表示する

プロフィール

マチカネ亭アリゲー太

Author:マチカネ亭アリゲー太
我が名は稲津マン!
マチカネ亭アリゲー太とは私が変身する前の姿である。
皆さんのコメントand拍手ボタンによって、サナギマンを経て変身することができるのである!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
過去に訪れて頂いた方々
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

稲津マンのtwitter
フォローもお願いしますm(_ _)m
ブログへのコメント方法
①本文下のcommentをクリックしてください。
②名前と本文を書き込んでください。
③右下のsubmitをクリックしてください。
④ありがとうございました。

・・・拍手ボタンを押していただくだけでも結構ですのでよろしくおねがいします!

相互リンク、大歓迎します!!
注目!のサイト(敬称略)
秘宝RUSHダイナマイト
注釈
①→ここでの小噺は全て創作です。 かぶっている原作があったらゴメンナサイ。
②→お店のエリアはほぼ関西圏です。御了承くださいm(__ __)m
③→『おマチカネ料亭』の評価は【低★★★★☆~高☆☆☆☆☆】です。
RSSリンクの表示