FC2ブログ
『ナンセンス』 それが基本!のブログです。

本能寺の変

ようこそのお運び、厚く御礼申し上げます。


今日もまた、昭和の名曲特集のテレビをみてしまいました。

だめなんです!!
体が勝手に反応してしまうんです!!

口ずさむだけじゃあないんです!!



私のカラダが反応してしまうんです!

モチロン、その歌の完璧な振り付けではないですよ。
正規の振り付けなんて、歌詞さえキチンと覚えれない私に踊れるわけがないですから。

勝手にリズムに反応しているだけなんですが・・・

ひとつだけ。

私、十八番を編み出しています。
(この「十八番」は「オハコ」と読んでください)


それは、光GENJIの「ガラスの十代」という曲に乗せての、『能』を舞うという荒業です。

これは、近年お目にかかることの少ない私の能舞なのですが、
「ガラスの十代」ならぬ、「ガラスのハートをした男の安土桃山時代」という由緒ある(?)能舞なのです。

そう!そこで流れたのです! 「ガラスの十代」が!!

♪いわな~いで~ いわな~いで~ さよならはまちがいだ~よ~


「時は来たり!」

そう思い、椅子から立ち上がり中腰になったその時!!


「ちょっと、おちつき~や」

機先を制すその声の主。

それは、3歳の我が息子でした・・・


まさか・・・息子に落ち着けなんて言葉を投げかけられるとは・・・ガラスのハートの33のオッサンの心は一気に萎えてしまい、もう当分、能を舞えなくなりました・・・

これが桶狭間の出陣前なら、今川勢にケチョンケチョンに負けていたに違いありません。


しかし、たてなおします。 くじけません。

流れてきたのは、吉幾三で「雪国」。

徐々に盛り上がるそのメロディー。
盛り上がりの頂点でやってきたのは、サビのパート。


♪あいたく~て なきたく~て さ~びしく~なぁ~るよるぅ~
  そばにい~て すこしでも~ はぁ~なしを~きいてぇ~
  おいかけて~ おいかぁ~けてぇ~ おぉ~いかけてぇ~・・・・・


「ちょうちに のんなや~」

息子の・・・「し」の発音もしっかりできない息子の声・・・


「是非におよばず! 蘭丸、弓を持てぇ~い!!」


2009年9月。
マチカネ亭アリゲー太、本能寺に堕つ・・・



スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー(月別)
07 ≪│2020/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去の全記事表示します

全ての記事を表示する

プロフィール

マチカネ亭アリゲー太

Author:マチカネ亭アリゲー太
我が名は稲津マン!
マチカネ亭アリゲー太とは私が変身する前の姿である。
皆さんのコメントand拍手ボタンによって、サナギマンを経て変身することができるのである!

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
過去に訪れて頂いた方々
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

稲津マンのtwitter
フォローもお願いしますm(_ _)m
ブログへのコメント方法
①本文下のcommentをクリックしてください。
②名前と本文を書き込んでください。
③右下のsubmitをクリックしてください。
④ありがとうございました。

・・・拍手ボタンを押していただくだけでも結構ですのでよろしくおねがいします!

相互リンク、大歓迎します!!
注目!のサイト(敬称略)
秘宝RUSHダイナマイト
注釈
①→ここでの小噺は全て創作です。 かぶっている原作があったらゴメンナサイ。
②→お店のエリアはほぼ関西圏です。御了承くださいm(__ __)m
③→『おマチカネ料亭』の評価は【低★★★★☆~高☆☆☆☆☆】です。
RSSリンクの表示